Macintop

Mac 便利活用ブログ

カテゴリ: Macなフォト

 撮った写真の中で、めぼしいものはフリッカー(flickr)などにアップするだけでしたが、プレゼントの必要が生じたので、100枚の写真をフォトブック(アルバム)の作成を依頼しました。
依頼したのは、しまうまプリントという鹿児島の会社です。近所の**カメラより半額以下の値段だったのでここにしました。
 商品名はA5スクエア、枚数は最大の96ページ、値段は2,200円のところをサービス価格の1,100円です。配送はメール便、速達メール便、宅急便から選ぶことができます。今回はメール便(70円)にしました。

 パソコンから申し込んでから翌日の夜に商品発送のメールがありました。速いです。うれしいです。横浜の自宅に商品が届いたのはそれから3日後でした。防水の梱包がしてありました。さらに中の商品は段ボールで保護されていました。

8e85525b.jpg


製本の仕様です。(しまうまプリントのウェブページより抜粋)
なお、フォトブックのデザインはテンプレートとしてきめ細かな提案がされています。

b0f58153.jpg


 出来栄えはイメージどおり満足のいくものでした。品質はもちろんですが、6ヶ月以内は再注文が可能なのも気に入りました。今回は試しで注文部数は一部でしたが、再注文ができるのは魅力です。再注文では写真の入れ替えやタイトル文字の変更などができます。あえて言うなら、テンポラリーにプレゼント仕様が加わるとステキだと思いました。

(背表紙にもタイトルを入れることができる)
5019cab5.jpg

 撮った写真の中で、めぼしいものはフリッカー(flickr)などにアップするだけでしたが、プレゼントの必要が生じたので、100枚の写真をフォトブック(アルバム)の作成を依頼しました。
依頼したのは、しまうまプリントという鹿児島の会社です。近所の**カメラより半額以下の値段だったのでここにしました。
 商品名はA5スクエア、枚数は最大の96ページ、値段は2,200円のところをサービス価格の1,100円です。配送はメール便、速達メール便、宅急便から選ぶことができます。今回はメール便(70円)にしました。

 パソコンから申し込んでから翌日の夜に商品発送のメールがありました。速いです。うれしいです。横浜の自宅に商品が届いたのはそれから3日後でした。防水の梱包がしてありました。さらに中の商品は段ボールで保護されていました。

8476c45d.jpg


製本の仕様です。(しまうまプリントのウェブページより抜粋)
なお、フォトブックのデザインはテンプレートとしてきめ細かな提案がされています。

7a0a3012.jpg


 出来栄えはイメージどおり満足のいくものでした。品質はもちろんですが、6ヶ月以内は再注文が可能なのも気に入りました。今回は試しで注文部数は一部でしたが、再注文ができるのは魅力です。再注文では写真の入れ替えやタイトル文字の変更などができます。あえて言うなら、テンポラリーにプレゼント仕様が加わるとステキだと思いました。

(背表紙にもタイトルを入れることができる)
a1860d48.jpg

hero_iphoto.jpg          20111221-viewnx2.jpg

 アイフォト(iPhoto)の画像ファイルは、一コのファイルにパッケージされているので、特定の写真をフォルダーで閲覧できません。そこがアイフォトの不便さを感じるところです。
別の写真管理アプリを考えるとき、アイフォトを起動して全画像を書き出すことも可能ですが、かなりの手間と時間を要します。

ここでは、NIKON ViewNX2(無料)を例にしてアイフォトの全データを数分で登録する仕方をお知らせします。もちろん、ほかの写真管理アプリでも同じようにできます。

 アイフォトデータは、Finderを起動すればユーザー名のフォルダの中に iPhoto Library があります。ピクチャのフォルダにあるかもしれません。
マウスオンして、右クリックやcontrolキーを押しながら左クリックすればコンテキストメニューが表れます。そのメニューの「パッケージの内容を表示」をクリックします。

iPhoto Library
スクリーンショット_2013-08-17_91731_ライン  

「パッケージの内容を表示」をクリックして表示されるファイルリストに、Originals があります。それをクリックすると年の順に整理された画像ファイルのフォルダが表れます。

Originals
スクリーンショット 2013-08-16 155111

次に、全てのアイフォト画像を新たなフォルダにコピーします。下は、外付けドライブ(TimeMachine)のiPhoto_backupというフォルダにコピーしているところです。

アイフォトデータを他のフォルダにコピー
スクリーンショット 2013-08-16 155106

 ここまでくれば後は簡単。お気に入りの写真管理アプリを立ち上げて、コピーした画像フォルダを指定するだけです。ついでに、アイフォトの環境設定で画像フォルダの場所を指定し直せば複数のアプリで画像を利用できます。

NIKON ViewNX2でアイフォトのデータを表示した画面

 スクリーンショット 2013-08-17 103054


hero_iphoto.jpg          20111221-viewnx2.jpg

 アイフォト(iPhoto)の画像ファイルは、一コのファイルにパッケージされているので、特定の写真をフォルダーで閲覧できません。そこがアイフォトの不便さを感じるところです。
別の写真管理アプリを考えるとき、アイフォトを起動して全画像を書き出すことも可能ですが、かなりの手間と時間を要します。

ここでは、NIKON ViewNX2(無料)を例にしてアイフォトの全データを数分で登録する仕方をお知らせします。もちろん、ほかの写真管理アプリでも同じようにできます。

 アイフォトデータは、Finderを起動すればユーザー名のフォルダの中に iPhoto Library があります。ピクチャのフォルダにあるかもしれません。
マウスオンして、右クリックやcontrolキーを押しながら左クリックすればコンテキストメニューが表れます。そのメニューの「パッケージの内容を表示」をクリックします。

iPhoto Library
スクリーンショット_2013-08-17_91731_ライン  

「パッケージの内容を表示」をクリックして表示されるファイルリストに、Originals があります。それをクリックすると年の順に整理された画像ファイルのフォルダが表れます。

Originals
スクリーンショット 2013-08-16 155111

次に、全てのアイフォト画像を新たなフォルダにコピーします。下は、外付けドライブ(TimeMachine)のiPhoto_backupというフォルダにコピーしているところです。

アイフォトデータを他のフォルダにコピー
スクリーンショット 2013-08-16 155106

 ここまでくれば後は簡単。お気に入りの写真管理アプリを立ち上げて、コピーした画像フォルダを指定するだけです。ついでに、アイフォトの環境設定で画像フォルダの場所を指定し直せば複数のアプリで画像を利用できます。

NIKON ViewNX2でアイフォトのデータを表示した画面

 スクリーンショット 2013-08-17 103054


OS X 10.7(Lion)を10.8(Mountain Lion)にアップデートしたら動きがぎくしゃくするようになりました。文字入力がスムースに処理されなかったり、標準アプリの起動に数分かかったり、です。iMac 2007midに3GBのメモリではギリギリ対応なのかとがっかりしました。
気を取り直してクリーンインストールを数回試みたところ、これまでと変わらないくらいのサクサク感に改善できました。同じような症状でMountain Lionの導入を諦めた方はダメ元で試してみてはいかがでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、OSX10.8のFinderで面白いことを発見しました。

スクリーンショット 2012-07-31 14.50.09 

 9966c6b9.jpg
 

クリップの位置が微妙に異なりますが、上はツイッター(twitter)、下は写真共有サイトのフリッカー(flickr)に送信する直前の画面です。
いずれもFinderの新しい機能です。手順は簡単。Finderで画像ファイルを指定したらスペースキーを押してください。
画像が大きく表示されます。
共有ボタン

右上の共有ボタンをクリックすると送信先の一覧が現れます。事前に、アカウントの設定と環境設定のメール/連絡先/カレンダーで設定しておいた方がいいでしょう。
事前登録
送信後、ツイッターやフリッカーを確認してみました。 

ツイッター 

スクリーンショット 2012-08-03 7.20.25

このような作業はSNSのアプリを使えば済むことですが、Mountain Lionの目立たない機能が結構気に入ったので紹介させていただきました。今後の対応SNSの拡大に期待したいと思います。

このページのトップヘ