Macintop

Mac 便利活用ブログ

カテゴリ: Macなデバイス

Apple品質認定の整備済製品とは、ウェブサイトに次のように掲載されています。

新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証書をお付けしております。
新しいバッテリーと外装に交換済み。刻印とギフトラッピングはご利用いただけません。

整備済製品のMac、iPod、iPadまたはApple TVを特別価格でお求めいただけます。 すべての整備済製品はAppleの厳しい品質水準を満たすため、厳格なプロセスで再整備を受けています。1年間の特別保証が付いています。AppleCare Protection Plan購入のオプションがあります。

アイフォンを手放したものの、日を追うごとにアイポッドが欲しくなりました。
  1. やっぱり音楽プレーヤーが欲しい
  2. iPad2では大き過ぎるし重過ぎる
  3. 自分好みにリメークできるiOSのiPod touchがいい
  4. と言って今さら、2012年モデルを当たり前の値段で買うのはどうも・・
  5. それに素性のわからない中古品ではバッテリーや液晶の具合が心配・・
そんなこんなの結論がApple品質認定の整備済製品です。

150402-0004_400.jpg
 
選んだのは iPod touch 32GB ホワイト&シルバー。本来は 28,800円 のところ 19,800円 です。

150331-0006.png

 注文してから3日後に届きました。箱を開けるまで付属品は付いているだろうか、液晶パネルに傷は無いかと心配でしたが、付属品はちゃんと揃っていてすべて新品でした。液晶パネルやカメラのレンズには保護シートが貼ってありました。

17003479992_88db3f2791_z_450.jpg

新品と異なる箇所をあえて述べるならば、パッケージに Apple Certified Refurbished の印字があったことです。

電源SWオンからは指示に従ってApple IDの認証、iTunes接続、iOSのアップデートです。
最後は、アイフォンで利用していたアプリや音楽データのインポートです。一時間ほどで完了しました。

16384911203_7cc970e704_z.jpg

セットアップ完了。安く買えたので、後日、新製品が出たとしてもそれほど悔しい思いにはならない、はずです。

150402-0001_1400.jpg


 MB112_AV3_GEO_JP_cut.jpg

 アップルマウスは使いやすいデバイスです。たまには物珍しさで無線式のマジックマウスやトラックパッドを使うこともありますが、しばらくすると再びこのマウスに戻ってしまいます。
そうこうしているうちに6年間も使い続けた結果、やはりというか、とうとう縦スクロールが効かなくなってきました。

 ウェブログでは分解掃除が有効かと思われますが、不器用の自分にはリスクが大き過ぎて最悪の結果が眼に浮かびます。同じ思いの方のために、分解せずに不具合を改善するかんたんな方法をご紹介します。
お断りしておきますが、ここで紹介した方法は、逆効果の結果になることもあり得ます。偶然うまくいったのかもしれません。あくまでも分解直前の最終トライとしてお読みください。

ヒントになった両面テープを利用する記事です。→  Appleマイティマウスを分解しないで掃除する。


MB112_cut2
 空回りの原因 
 

 マウスポインタがスムーズに動作しないのは、この小さなスクロールボールが原因です。正確に言うと、ボールに付いた指の汚れや隙間からのホコリが内部のローラーに付着したからです。iPhoneのホームボタンが効かなくなるのも同様です。

付着した汚れを除去するには物理的に分解掃除するのが一番ですが、筐体を開けるのは至難の技です。  →  Apple Mouse 分解三たび

 使ったのはメガネ洗浄剤 
 
 さて、いよいよ本題です。必要なのはメガネスプレーです。スプレーした後で水拭きする必要の無いやつです。念のため成分表示には、界面活性剤として4.2%アルキルベタインとありました。化学的には親水基と親油基がベースですので無水アルコールより期待できそうです。

DSC_1626m.jpg  
 
 ノズルをスクロールボールに合わせて一拭きスプレーしました。数秒置いてからいつものように指先でボールをグリグリします。これで解決と思ってUSBを差し込み、ブラウザで試してみましたがNGでした。
 がっかりするも気を取り直し、再度スプレーしてグリグリしました。しばらく続けているとボールの回転にグリゴロと抵抗感を感じ、やがてボールに黒い汚れが付着してきました。細かい繊維のようです。
うまくいかなかったら分解しようと思っていただけに、この結果はうれしいかぎりです。

IMG_1541m.jpg 

 内部のローラーにこんなのが巻き付いていたんですね。メガネ洗浄剤の水分で丸められ、油分で団子となってボールにくっついたのでしょう。汚れを除いてボールを回したら、カリカリカリとロールの回転音が聞こえてきました。大成功です。

DSC_1625m.jpg
 
 私が有線式のマウスやキーボードを愛用するのはレスポンスもさることながら、マックのOSを再インストールする作業が多いからです。
ご存知のとおり、OSをインストール時は、途中で選択メニューを指定する場面がありますが、OSが起動までは無線デバイスが使えません。ですから、ふだんワイヤレスを使っている方も、いざというときにはUSB接続のマウスとキーボードが必須アイテムとなります。 ではまた。



 MB112_AV3_GEO_JP_cut.jpg

 アップルマウスは使いやすいデバイスです。たまには物珍しさで無線式のマジックマウスやトラックパッドを使うこともありますが、しばらくすると再びこのマウスに戻ってしまいます。
そうこうしているうちに6年間も使い続けた結果、やはりというか、とうとう縦スクロールが効かなくなってきました。

 ウェブログでは分解掃除が有効かと思われますが、不器用の自分にはリスクが大き過ぎて最悪の結果が眼に浮かびます。同じ思いの方のために、分解せずに不具合を改善するかんたんな方法をご紹介します。
お断りしておきますが、ここで紹介した方法は、逆効果の結果になることもあり得ます。偶然うまくいったのかもしれません。あくまでも分解直前の最終トライとしてお読みください。

ヒントになった両面テープを利用する記事です。→  Appleマイティマウスを分解しないで掃除する。


MB112_cut2
 空回りの原因 
 

 マウスポインタがスムーズに動作しないのは、この小さなスクロールボールが原因です。正確に言うと、ボールに付いた指の汚れや隙間からのホコリが内部のローラーに付着したからです。iPhoneのホームボタンが効かなくなるのも同様です。

付着した汚れを除去するには物理的に分解掃除するのが一番ですが、筐体を開けるのは至難の技です。  →  Apple Mouse 分解三たび

 使ったのはメガネ洗浄剤 
 
 さて、いよいよ本題です。必要なのはメガネスプレーです。スプレーした後で水拭きする必要の無いやつです。念のため成分表示には、界面活性剤として4.2%アルキルベタインとありました。化学的には親水基と親油基がベースですので無水アルコールより期待できそうです。

DSC_1626m.jpg  
 
 ノズルをスクロールボールに合わせて一拭きスプレーしました。数秒置いてからいつものように指先でボールをグリグリします。これで解決と思ってUSBを差し込み、ブラウザで試してみましたがNGでした。
 がっかりするも気を取り直し、再度スプレーしてグリグリしました。しばらく続けているとボールの回転にグリゴロと抵抗感を感じ、やがてボールに黒い汚れが付着してきました。細かい繊維のようです。
うまくいかなかったら分解しようと思っていただけに、この結果はうれしいかぎりです。

IMG_1541m.jpg 

 内部のローラーにこんなのが巻き付いていたんですね。メガネ洗浄剤の水分で丸められ、油分で団子となってボールにくっついたのでしょう。汚れを除いてボールを回したら、カリカリカリとロールの回転音が聞こえてきました。大成功です。

DSC_1625m.jpg
 
 私が有線式のマウスやキーボードを愛用するのはレスポンスもさることながら、マックのOSを再インストールする作業が多いからです。
ご存知のとおり、OSをインストール時は、途中で選択メニューを指定する場面がありますが、OSが起動までは無線デバイスが使えません。ですから、ふだんワイヤレスを使っている方も、いざというときにはUSB接続のマウスとキーボードが必須アイテムとなります。 ではまた。



blue-container-MASTER-basics-X2.jpg

1.転送の優先順を知っておくこと。
 Eye-Fiは、既設Wi-Fiを通してパソコンやウェブサービスに転送するのが基本(インフラストラクチャーモード)。
指定したWi-Fiの無い場所では、Eye-FiカードがWi-Fiの親機として対象の端末に転送する(アドホックモード)。
Eye-Fiではインフラストラクチャーモードをワイヤレスモード、アドホックモードをダイレクトモードと称している。
製品比較表はこちら

2.Flickr、フォト蔵、といったウェブサービスの会員登録をすること。
 合わせて、端末には該当のアプリをインストールしておく。

【Eye-Fi商品サイトより】
スクリーンショット 2013-04-18 15.04.50 

【例として、iOSのアプリ】
[FlickStackr][フォト蔵]
flickr.jpgフォト蔵

3.ダイレクトモードの設定は3カ所。
 Macの場合は極めて簡単にできる。Eye-Fiカードをパソコンに差し込み、メニューバーのワイヤレスアイコンをクリックして現れる画面で、"ネットワークを作成"をクリックするだけでいい。ものの数秒でできあがり。
Windowsではコントロールパネルからインターネット設定を選ぶ。

ネットワークを作成_e 

続いて、Eye-Fi Centerを開いてダイレクトモードの設定をする。
1e97561f.jpg

最後は、Eye-Fiカードをパソコンに差したまま、端末側でWi-Fiの設定を起動する。
パソコンに表示されている上の画面の2をクリックしたら、すぐに端末の画面を見るとEye-Fiカードからの電波を確認することができるので、これを指定する。
撮った写真をダイレクトモードで端末で受けるには、ネットワークの選択が必須なので注意。しかも、Wi-Fi環境でないことが必要条件。

a29f25e7.jpg


4.端末での確認
ダイレクトモードが有効か否かは、端末側のEye-Fiアプリを起動して確認できる。
これは、通常のWi-Fi経由の待ち受け画面。"待機中"となっている。Wi-Fi環境下なら数秒で転送される。
待機中_iPad_e

こちらがダイレクトモードが作動している画面。Wi-Fi環境下でないので、"ダイレクトモードで"受信しようとしている。
ダイレクトモードで_iPad

 率直に言うと、ダイレクトモードは使い勝手が良くない。自宅(会社)がWi-Fi環境なら、上記の設定はそのままで、ワイヤレスでパソコンに転送した方が良い。ウェブサービスには勝手にアップしてくれる。
筆者の場合は、写真の加工や編集は画面の大きなパソコン(iMac)で、写真の確認や共有はモバイル(iPhone・iPad)にしている。



blue-container-MASTER-basics-X2.jpg

1.転送の優先順を知っておくこと。
 Eye-Fiは、既設Wi-Fiを通してパソコンやウェブサービスに転送するのが基本(インフラストラクチャーモード)。
指定したWi-Fiの無い場所では、Eye-FiカードがWi-Fiの親機として対象の端末に転送する(アドホックモード)。
Eye-Fiではインフラストラクチャーモードをワイヤレスモード、アドホックモードをダイレクトモードと称している。
製品比較表はこちら

2.Flickr、フォト蔵、といったウェブサービスの会員登録をすること。
 合わせて、端末には該当のアプリをインストールしておく。

【Eye-Fi商品サイトより】
スクリーンショット 2013-04-18 15.04.50 

【例として、iOSのアプリ】
[FlickStackr][フォト蔵]
flickr.jpgフォト蔵

3.ダイレクトモードの設定は3カ所。
 Macの場合は極めて簡単にできる。Eye-Fiカードをパソコンに差し込み、メニューバーのワイヤレスアイコンをクリックして現れる画面で、"ネットワークを作成"をクリックするだけでいい。ものの数秒でできあがり。
Windowsではコントロールパネルからインターネット設定を選ぶ。

ネットワークを作成_e 

続いて、Eye-Fi Centerを開いてダイレクトモードの設定をする。
ea25fb28.jpg

最後は、Eye-Fiカードをパソコンに差したまま、端末側でWi-Fiの設定を起動する。
パソコンに表示されている上の画面の2をクリックしたら、すぐに端末の画面を見るとEye-Fiカードからの電波を確認することができるので、これを指定する。
撮った写真をダイレクトモードで端末で受けるには、ネットワークの選択が必須なので注意。しかも、Wi-Fi環境でないことが必要条件。

592af409.jpg


4.端末での確認
ダイレクトモードが有効か否かは、端末側のEye-Fiアプリを起動して確認できる。
これは、通常のWi-Fi経由の待ち受け画面。"待機中"となっている。Wi-Fi環境下なら数秒で転送される。
待機中_iPad_e

こちらがダイレクトモードが作動している画面。Wi-Fi環境下でないので、"ダイレクトモードで"受信しようとしている。
ダイレクトモードで_iPad

 率直に言うと、ダイレクトモードは使い勝手が良くない。自宅(会社)がWi-Fi環境なら、上記の設定はそのままで、ワイヤレスでパソコンに転送した方が良い。ウェブサービスには勝手にアップしてくれる。
筆者の場合は、写真の加工や編集は画面の大きなパソコン(iMac)で、写真の確認や共有はモバイル(iPhone・iPad)にしている。



このページのトップヘ