2014/10/30 更新

Osx-yosemite-logo.pngad.jpgimages.png


 この記事を書いているiMacは2007年製、メモリは3ギガだけ。それだけに、OS Xのバージョンアップのたびに対応機種かどうか確かめるのが習慣です。
 v10.9(Mavericks)のときは最古の対応機種でしたから、今回のv10.10(Yosemite)ではかなりの心配がありました。おそるおそるアップルの記事を見ると、相変わらず対応機種のどん尻にありました。まるで合格発表さながらです。

 Yosemite(Apple)で楽しみにしていたのは、iMacとiPhone/iPadとのファイル共有ツールとしてのAirDropです。しかし、iMacのFinderを見てもサイドバーには見当たりません。機種が古いから一部の機能は使えない、ということは過去に幾度かあったので、さもありなんと諦めかけました。
 そういえば、ターミナルでチョコチョコやればシステムを細工できるはずです。自分のEvernoteを検索したところ、保存してありました。

 ターミナル(Wikipedia)は、MacのFinder/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.app をクリックすると表示されます。
この中にコマンドを入力することでOS Xの隠し設定を可能にするツールです。
141019-0001.png 


【AirDropをFinderに表示する】
defaults write com.apple.NetworkBrowser BrowseAllInterfaces -bool yes


【元に戻す】
defaults delete com.apple.NetworkBrowser BrowseAllInterfaces

 結果はご覧のとおり、これで人並みにYosemiteのAirDropが使えるようになりました。
せっかくバージョンアップしたのに・・と、がっかりする前にターミナル.appで一行ペーストするだけです。
どうぞお試しください。

141018-0003.png 

【追 記】2014/10/28
 OS Xのバージョンが10.10になったところで、OnyX.app(v2.8.8)でドライブを掃除にとりかかりましたが、OnyXが起ち上がりません。OnyXがOS X10.10にまだ対応していないのでしょうか。しばらく待つことにします。

141028-0003.png 

141028-0001.png 

b96b8f6a.png
  

【追 記】2014/10/30
 翌日になってOS X対応のOnyXを発表。このブログ見てのリリース?

 141030-0001.png